よくわかる!IT用語集
ブログ > システム用語 > > DRAM(ディー・ラム)
DRAM(ディー・ラム)


DRAMとは、Dynamic Random Access Memoryの略で、 コンデンサを使って、データを記録するRAMのことじゃ。SDRAMと比べるとスピードは遅いものの、集積度が上げやすく、価格も安いため、コンピュータの主記憶装置に使われておる。情報の記憶は電荷によって行われるが、電荷は時間と共に減少していくため、記憶保持のために一定期間ごとに再書き込みをする必要があるのじゃ。


関連する記事はこちら



用語フリー検索

知りたいIT用語を入力して検索ボタンを押してください。
例)ランディングページ


新着用語一覧



カテゴリ



タグリスト

OS web web制作 Web広告 Web検索・ポータル Web社会 インターネット システム開発 セキュリティ ソフトウェア ディスプレイ デジタル画像 ネットビジネス ネットワーク ネット広告 パソコン プログラミング 携帯情報端末 色の表現 通信

インターネットコンサルティングのアド・プロモート

プロモーションサポート協会

PAGE TOP