よくわかる!IT用語集
ブログ > システム用語 > > D言語
D言語


D言語とは、1999年にWalter Bright氏によってC言語の後継を目指して開発されたプログラミング言語じゃ。 C、C++、C#、Javaなどを参考に、実用性に重点を置いて、従来の言語の優れた点を取り込み、欠点を排除する方針で開発されておる。 D言語は、実行環境にVM(仮想マシン)を必要としない点が特徴とされており、D言語の仕様は、Webサイトで公開されており、Windows や Linux用のコンパイラも無償でダウンロードできるのじゃ。


関連する記事はこちら



用語フリー検索

知りたいIT用語を入力して検索ボタンを押してください。
例)ランディングページ


新着用語一覧



カテゴリ



タグリスト

OS web web制作 Web広告 Web検索・ポータル Web社会 インターネット システム開発 セキュリティ ソフトウェア ディスプレイ デジタル画像 ネットビジネス ネットワーク ネット広告 パソコン プログラミング 携帯情報端末 色の表現 通信

「好き」を仕事にする!ひとりビジネスのはじめ方cafe

インターネットコンサルティングのアド・プロモート

プロモーションサポート協会

PAGE TOP