よくわかる!IT用語集
ブログ > システム用語 > > クロスブラウザ
クロスブラウザ


クロスブラウザとは、ホームページやWebアプリケーションをさまざまなブラウザで不具合なく表示できるようにする技術のことじゃ。 ブラウザにはInternet ExplorerやMozilla Firefox、Google Chrome、Safariなどたくさんの種類があるが、それぞれCSSやJacascriptへの対応状況が異なるため、同じページでも表示するブラウザによって表示や挙動が異なることがあるのじゃ。それを回避するために処理を分岐したり、どのブラウザも対応している安全なコードを選んで採用する必要があるのじゃ。
同じブラウザでもバージョンによって対応範囲が大きく異なることがあるから、種類だけでなくバージョンも意識した対策が必要だね。


関連する記事はこちら



用語フリー検索

知りたいIT用語を入力して検索ボタンを押してください。
例)ランディングページ


新着用語一覧



カテゴリ



タグリスト

OS web web制作 Web広告 Web検索・ポータル Web社会 インターネット システム開発 セキュリティ ソフトウェア ディスプレイ デジタル画像 ネットビジネス ネットワーク ネット広告 パソコン プログラミング 携帯情報端末 色の表現 通信

インターネットコンサルティングのアド・プロモート

プロモーションサポート協会

PAGE TOP