よくわかる!IT用語集
ブログ > システム用語 > > アプリ内課金
アプリ内課金


アプリ内課金とは、ソフトウェアやネットサービスへの課金方法の一つなのじゃ。アプリ内課金ではWEBサービスの利用開始後に特定の機能やコンテンツの入手や利用に対して課金を行うことも多いため、「アイテム課金」や「ガチャ課金」というワードにも関連性が強く、基本利用を無料としたサービスに多い傾向があるのじゃ。 例としては、特定のアイテム収集をコンプリートするしか入手することのできないアイテムが存在する手法など、ユーザー心理を煽るような販売方法が多発し、未成年者に膨大な携帯端末利用料金の請求がキャリア側から請求されるなどの問題が多発したため、2012年(平成24年)5月5日、日本の消費者庁がコンプリートガチャを違法(景品表示法違反)として法改正したり社会現象になった用語じゃ。
基本無料の一般的に言われるMMO(オンラインゲーム)やコミュニティーサイトではこのようなサービスで収入を獲ているんだね。


関連する記事はこちら



用語フリー検索

知りたいIT用語を入力して検索ボタンを押してください。
例)ランディングページ


新着用語一覧



カテゴリ



タグリスト

OS web web制作 Web広告 Web検索・ポータル Web社会 インターネット システム開発 セキュリティ ソフトウェア ディスプレイ デジタル画像 ネットビジネス ネットワーク ネット広告 パソコン プログラミング 携帯情報端末 色の表現 通信

インターネットコンサルティングのアド・プロモート

プロモーションサポート協会

PAGE TOP