よくわかる!IT用語集
ブログ > その他IT用語 > > ベクターイメージ
ベクターイメージ


ベクターイメージとは、コンピュータグラフィックスでの図形・画像の形式のひとつじゃ。線の起終点の座標(位置)、曲線であればその曲がり方、太さ、色、それら線に囲まれた面の色、それらの変化のしかたなどを、数値で表すことにより、コンピュータで扱うデータとしたものなのじゃ。拡大、縮小、その他の変形を施しても図形イメージが劣化しないのじゃ。 「ベクター画像」あるいは「ベクトル画像」とも呼ばれておるのぉ。対義語としてピクセル(画素)の集まりで表現する「ラスターイメージ」と対比されるのじゃ。 ロゴやイラストを作成するのには向くのじゃが、写真のような画像には不向きなのじゃ。
デジカメでとった画像はラスターイメージだよね。


タグ:

関連する記事はこちら



用語フリー検索

知りたいIT用語を入力して検索ボタンを押してください。
例)ランディングページ


新着用語一覧



カテゴリ



タグリスト

OS web web制作 Web広告 Web検索・ポータル Web社会 インターネット システム開発 セキュリティ ソフトウェア ディスプレイ デジタル画像 ネットビジネス ネットワーク ネット広告 パソコン プログラミング 携帯情報端末 色の表現 通信

インターネットコンサルティングのアド・プロモート

プロモーションサポート協会

PAGE TOP