よくわかる!IT用語集
ブログ > その他IT用語 > > クラシファイド広告
クラシファイド広告


クラシファイド広告は、目的や地域によって分類された募集広告や告知を、一覧形式で掲載する広告のことじゃ。一般的な宣伝広告と違って、個人を中心にだれでも手軽に広告掲載できるのじゃ。 例としては、学校を卒業する学生さんが広告を出し、いらなくなった家具・家電を売ったり、新入生や新社会人が広告を見てそういったものを安く買ったりという風に使われておる。
新聞、フリーペーパーなどで「三行広告」「案内広告」「文字広告」などと呼ばれ昔から使われていたけど、インターネット上では、検索機能が付いたものが多く使いやすいよね。


タグ: , ,

関連する記事はこちら



用語フリー検索

知りたいIT用語を入力して検索ボタンを押してください。
例)ランディングページ


新着用語一覧



カテゴリ



タグリスト

OS web web制作 Web広告 Web検索・ポータル Web社会 インターネット システム開発 セキュリティ ソフトウェア ディスプレイ デジタル画像 ネットビジネス ネットワーク ネット広告 パソコン プログラミング 携帯情報端末 色の表現 通信

「好き」を仕事にする!ひとりビジネスのはじめ方cafe

インターネットコンサルティングのアド・プロモート

プロモーションサポート協会

PAGE TOP