よくわかる!IT用語集
ブログ > インターネット用語 > > DWDM(ディー・ダブリュー・ディー・エム)
DWDM(ディー・ダブリュー・ディー・エム)


DWDMとは、Dense Wavelength Division Multiplexingの略で、日本語では、 高密度波長分割多重方式と呼ばれておる。 光ファイバーを利用した通信技術の一つで、一本の光ファイバーには一つの波長の信号を送り、2.5Gbpsや10Gbpsの情報を伝送していたが、これを異なる波長の信号に、複数の情報を重ねて伝送することで、情報の容量を飛躍的に拡大することができるのじょ。 従来の数十から数百以上もの多重化を行うことが可能で、既存の光ファイバーを利用できることから、急速に広まっておる。


関連する記事はこちら



用語フリー検索

知りたいIT用語を入力して検索ボタンを押してください。
例)ランディングページ


新着用語一覧



カテゴリ



タグリスト

OS web web制作 Web広告 Web検索・ポータル Web社会 インターネット システム開発 セキュリティ ソフトウェア ディスプレイ デジタル画像 ネットビジネス ネットワーク ネット広告 パソコン プログラミング 携帯情報端末 色の表現 通信

インターネットコンサルティングのアド・プロモート

プロモーションサポート協会

PAGE TOP